米国公認会計士の資格を取る意味

USCPAの資格は持っているだけでは意味が無い?
勉強を始める前に、取るとどんな良い事があるのかを調べる方が多いと思いますが、
書いてあるのは「資格は持っているだけでは効果は薄く、実務経験が伴って初めて...」など、
若干ネガティブなことが多いと思います。
実際、取ったら人生一発逆転できるかと言われると、答えはNoです。
弁護士や日本の公認会計士や弁理士などのように国内の独占業務があるわけではないので、
それらの資格のように、米国公認会計士が法に守られているということはないです。

しかし、一般的な転職市場で見ても、一定レベル以上で英語と会計が出来れば、
若いうち(30代中盤くらいまで)はそれほど仕事に困ることはないと思います。
特に、財務経理や経営企画などに行く際には、USCPA試験合格者というのが、
優遇条件として大々的に記載されていることも多く、大変有利だと思います。
そして、その一定レベル以上の英語力と会計力を強力に示すことができるのが、米国公認会計士という資格なのです。

ただし、知名度がまだまだ低いことや、資格保持者が少ないこともあり、
専門の転職サイトを使った方がUSCPA試験合格者の転職は効率的になるかと思います。
特にAbitusではUSCPA,BATICの専門学校ということもあり、転職求人もUSCPA資格保持者の有利なものに
絞って案内してくれています。
合格された暁には、一度Abitusの転職支援に申し込んでみてはいかがでしょうか。

アビタスキャリア

メインメニュー

おまけ