【USCPA道場】米国公認会計士試験の難易度は?独学は可能?勉強方法は? 

USCPA道場へのご訪問ありがとうございます。
当サイトでは2012年4月にメイン州(Maine state)の米国会計士試験全科目合格を果たした管理人が、
米国公認会計士試験の難易度や勉強方法、独学の可否等についてご紹介します。

最近でこそ、電車の中吊り広告等で目にすることが増えた「USCPA(米国公認会計士)」ですが、
まだまだ日本では知名度も低く、試験の情報等もなかなか手に入りにくい状況です。
また、実際に試験を受けたことの無い人々の口コミ等によって、誤った情報が出回ってしまっていたりもします。
そこで、当サイトで管理人の体験や事実、感じたことをご紹介できればと思います。




【USCPA道場】サイトマップ

試験内容・難易度
このページではUSCPA試験の試験内容や難易度についてご紹介しています。
独学で勉強する場合、最低限必要なベース知識等についてもここでご紹介します。

 →USCPA試験は情報戦
  USCPA試験は他の試験と比べて試験内容の改定が早く、最新の情報がかなり大事になります。
  このページでは、USCPA試験合格へ向けて押さえておくべき情報をご紹介します。
 
 →73,74で落ちる試験

  USCPA関連のサイトを巡っていると、あと一歩のところでFailになってしまっている人がかなりいます。
  それもそのはず。USCPAの試験の採点のメカニズムについて実体験をベースに考察します。

USCPA取得後メリット
お金も時間もかかるし、努力も必要なUSCPAの試験。
合格後のキャリアプランやメリットがわからず、躊躇してしまう人も多いかと思います。
このページでは合格後の具体的なメリットについてご紹介します。

USCPA試験の勉強方法
USCPAの試験は、これを覚えておけば合格する。といった単純な試験ではないため、
これから勉強を始める方も、ある程度勉強を進めていて、もうすぐ試験という方も、
合格するための勉強方法については常に悩み続けている部分かと思います。
このページでは、管理人が試行錯誤して見つけた合格するための勉強方法をご紹介しようかと思います。

 →どの教材を使うか

  試験勉強のためには、教材選びはとても重要です。
  このページでは、現在のレベルに合わせた教材の選び方をご紹介します。

 →科目別の押えるべきポイント

  USCPAは4科目の試験ですが、全て同じ勉強方法をしていては合格できません。
  このページでは、科目別に勉強するポイントをご紹介しようかと思います。



メインメニュー

おまけ